金融機関の不良債権の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 労働者優遇の金融機関

新着情報

金融機関としての労働金庫

金融機関の中で、労働組合員を優遇しているのが労働金庫です。この金庫では、取り扱い商品すべてに、労働組合員と一般客とに差を設けています。例えば、住宅ローンなど各種ローン金利でも労働組合員の場合には、金利を低くしています。他には、教育資金やマイカーローンなどすべてに金利差があります。また、定期預金などについても、労働組合員には上乗せ金利が設定されています。金融機関の中でも、このように差を設けているところは他にはありません。また、他行と比較しても、労働組合員の条件は優遇されているので、利用者も多くなっています。

労働者に優遇のある労働金庫

各金融機関の中でも、労働組合に加入している組合員を優遇しているのが、労働金庫です。特に、住宅ローンや教育ローンなどは、一般の顧客よりもかなり低めの利率で貸出を行っています。教育ローンの利率も同じです。そして借入の際の補償保険料も免除しています。ただ、労働者を確認するのに、労働組合に加入しているかどうかを確認しているのも金融機関の中でも、労働金庫だけなのです。預ける預金の利率も労働者に優遇を設けています。労働者にとっては優遇されるメリットが多数あるので、住宅ローンなどを中心に利用者が増えています。

© Copyright 金融機関の不良債権とは. All rights reserved.