金融機関の不良債権の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 手形割引の割引料とは

新着情報

手形割引の簡単な説明

商品の売買等で、売主は現金の代わりに手形を受け取ることがあります。手形は、数ヶ月程度の将来の決まった日に決まった金額を支払う約束をした有価証券です。手形割引は、受け取った手形を期日前に現金化するため、その手形を第三者へ譲渡することです。この場合、第三者への譲渡は到来する期日に受取る金額を借りたのと同じ意味になり、譲渡した日から期日までの期間の利息を払う義務が生じます。その利息分と事務手数料が期日に受取る金額から差し引かれます。手形割引での第三者を割引人といい銀行や貸金業者があります。

手形割引というものについて

手形割引とは、代金決済手段の一つであり、約束手形または為替手形と呼ばれる手形を相手に渡すことによって、代金の支払いをするものです。その手形用紙には、金額や支払人、そして支払期日が書かれており、通常は、その支払期日に支払人の口座から引き落としされ、受取人の口座に入金される仕組みです。多くの商取引では、2か月から6か月後の期日の手形を受け取ることが多く、支払期日までの間に資金が必要になり、現金化したい場合に利用されます。金融機関は、手形割引を現金化する代わりに、支払期日までの金利や手数料を取るのが一般的です。

© Copyright 金融機関の不良債権とは. All rights reserved.