金融機関の不良債権の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 巨大金融機関の影響とは

新着情報

巨大金融機関のメガバンク

メガバンクとは、預金量、貸出量及び収益力の規模が巨額に及ぶ巨大な銀行のことを指しています。日本国内においては、1990年代に不良債権問題を背景に金融機関の連鎖的倒産が相次ぎました。こうした淘汰の波を生き残った都市銀行も、世界の機関と互していくために規模の巨大化が追求され、経営統合が相次ぎ現在の3メガ体制が確立されました。目下のところ、メガバンクは内部留保が厚くなった大企業の資金需要が細る中、国債の運用が主な収益源となっているため、新規企業に対する金融融資等新たな収益源の確立が課題とされています。

メガバンクとその役割

メガバンクとは、預金残高が極めて多い銀行のこと。日本ではバブル崩壊後に都市銀行の再編が進み、上位3社がそう呼ばれる。取り扱っている金融商品や融資額、利益ともに非常に大きいため、経済に与える影響も大きく、その動向がニュースになることも多い。消費者向けに預金口座や住宅ローン等のサービスを提供することはもちろん、企業に投資や融資を行ったり、融資先の企業から安定的に資金を回収するため業務方針を提案するなど、コンサルタントやベンチャーキャピタルの機能を担う側面がある。金融ニュースでは、これらの経済に与える影響の側面がクローズアップされることが多い。

© Copyright 金融機関の不良債権とは. All rights reserved.